« 予算議会・矢田市長の態度に思う 高校授業料無料化反対?① | トップページ | 『楽園』 宮部みゆき著 感想  »

2010年3月20日 (土)

予算議会・矢田市長の態度に思う 高校授業料無料化反対?②

 前回の続きです。

 市長の「私はそもそもすべての子ども達に高校授業料を無料にするのはどうか。」という発言に関して思うのは、権利としての教育権を認めない考え方です。

 世界の先進国において、日本ほど教育費が高い国はありません。

 たとえば、大学の授業料が入学金を含めて、私学で130万円・国公立で80万円程度が相場であるのに対して、同じG7のフランス・ドイツなどでは無料あるいは、手続き代程度や返さなくてもいい奨学金が存在します。 

 他の国々には、教育を受けた人間は、社会にその益を還元するものであり、決して個人としてのメリットという基準で推し量るものではない、という考え方があります。

 市長の過去の答弁や選挙ビラで見ると、市長自身が苦労人だったというのは推測されます。その経験の中で、「なにクソ。」という思いでがんばられたことを否定するものではありません。しかし、それをあらゆる人に適応することには無理があります。

 優秀な人が努力して、その結果社会的地位を得ることはあります。しかし、同じように努力し、同じ結果が得られるかは限りません。 働く場を考えた時、有効求人倍率が1倍以下であれば、働こうと思っていても働けない人が必ず生まれてくるように。

 政治とは、そうした頑張りたいという思いを後押しをすることだと思います。 たしかに、市長から見れば、「なんでそんなにやる気がないんだ!!(怒)」「家族のしつけはどうなっているんだ。それを学校に押し付けるな。」と怒りたくなる人はたくさんいると思います。 

 私も先日、駅前で宣伝していると、高校生くらいの暴走ぎみティーン・ネージャー(笑)に「おまえ死ね。 やかましい。誰も聞いてへんぞ。」などなど罵詈雑言をかなり吐かれて、ほとほと困り果てました。

 しかし、それも「なぜそういった人が生まれてきたのか?」という疑問を持つことが政治的な感覚なのだと思います。 

 そもそも、今世の中で広がっている格差は、がんばっている人間にも容赦なく襲いかかっています。 この神戸でも、長田区や兵庫区に通う生徒の4~5割は就学援助を受けて学校に通っています。 貧困が標準化しているのです。

 高校の授業料の無料化は、ちょっと保守政治家(笑)みたいですが、有為な人材を伸ばし、日本の活力を取り戻すためにもどうしても必要なのです。その時に、自分のお気に入りの人間だけをピックアップして支援しようとしても無理です。 

 小学校までに振り分けて、などの考え方になるわけです。 しかし、それも貧困で家が荒れていれば、その舞台に才能ある子どもが出てくるかわかりません。 かくして、貧困は七代まで祟るのです。

 今、貧困は各世代に広がっています。 そうした時に、国の責任を指摘つつも、独自で支援をすることが必要だと思います。 

 あと今議会では、4月から上がる後期高齢者医療制度の保険料を同額に据え置くために市の支出を私達は提案しましたが、市長は「すでに十分に応援している。」と答えました。でも、あと、1.6億円支出すればいいだけですからやるべきだと思います。 

 一方で、市長は、「本当に困っている人には支援をしている。」と言います。それだけでは、戦前の救貧法と同じなのです。 

 憲法25条・生存権の立場から、なんのための経済大国なのかを考えなければなりません。

 せっかくの富を使いもしない道路や建物に使う国ではなく、病気になったら無料で病院にかかれる、十分に教育を受けられる国へ。

 もし借金で大変だったとしても、借金ができたのは、欧米諸国に比べても少ない福祉予算が原因ではないわけで、その責任を国民に押し付けない。第一義的には、福祉に使う。その姿勢は絶対離さない。

 高齢者の中には、「私達にはもったいない。」という人もいるでしょう。その人たちには、「これまでよく頑張っていただきましたから、当然のことなんですよ。」というメッセージを届けることが必要だと思います。

 無駄遣いをしておいて、財政難を引き起こしておいて、意図的に高齢者と若い世代を対決させたり、公務員と民間を対決させたり、そうしている間にどんどんギスギスした国に日本はなってきました。

 そこからの脱皮が求められています。

 すいません。 なんかやはり話がバラバラになってしまったようです。

 

 

« 予算議会・矢田市長の態度に思う 高校授業料無料化反対?① | トップページ | 『楽園』 宮部みゆき著 感想  »

コメント

権利には義務が伴う。
それだけのことですよ。
ちなみにアメリカの学費は日本より高いです。大学院まで行かないと良い職に着けませんから、トータルでは日本より高い。

そもそも義務教育ではないのに無料とかモラルハザードです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243825/33828453

この記事へのトラックバック一覧です: 予算議会・矢田市長の態度に思う 高校授業料無料化反対?②:

« 予算議会・矢田市長の態度に思う 高校授業料無料化反対?① | トップページ | 『楽園』 宮部みゆき著 感想  »