« 9月26日 本会議質問 | トップページ | 阪神水道企業団の視察 大阪・尼崎方面 »

2014年11月 5日 (水)

阪神水道企業団の行政視察

阪神水道企業団の行政視察
昨日より、阪神水道企業団の視察で、北九州市に来ています。これより穴生浄水所で学習します!

神戸市で活用できる水は、この阪神水道、県営水道、自己水源から成っています。

阪神水道を利用する自治体から代表として、議員が派遣されており、今年は私が神戸市の一員として参加しています。

ここも一つの議会となっており、年に一度管外視察がありまして、それに参加しているわけです。

本日は、北九州市にある海外水循環ソリューション技術研究組合のウォータープラザを視察。

下水や産業排水と海水を活用して、綺麗な水にかえる技術を学習。

聞くかぎりでは、非常に大事な技術だし、日進月歩で進んでいると感じました。

現在、海外水ビジネスの先進例と北九州市はなっています。

なるほどと思ったのは、下水施設が進んでいない国では、量などの調整が難しいこと。

しかし、経済成長をし、公害が広がっているところには是非貢献したいものです。

また、真水の無い中東などでも大事です。

説明されている方の「ビジネスという名がついていますが、国際貢献を基本に考えてやっています。」と話が大切だと思いました。

無理してビジネスに結びつけずともよい、と思います。

事実、もうけがあがるという段階でもないようです(笑)。

いまだ実証実験のところもあるようですが、だからこそ、よりながい視野から国が応援すべきと思います。

当然、そこの国の人達の理解の上で。

時に、ODAでの援助は日本の企業側の都合が優先されることもあるので。

« 9月26日 本会議質問 | トップページ | 阪神水道企業団の視察 大阪・尼崎方面 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪神水道企業団の行政視察:

« 9月26日 本会議質問 | トップページ | 阪神水道企業団の視察 大阪・尼崎方面 »