« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月26日 (日)

現在、金沢にきてます。

毎年夏に行われている自治体学校という自治体関係者や議員が参加して学ぶ企画に参加しています。

先ほどの話では、安倍政権が進める「地方創生」が、「道州制」の前段階とされていること、その「道州制」は、地方の自治権を奪う形で戦争できる国につながってることなどの話に、「へー。」と感じ入りました。

「あなたの町は、消滅可能性都市だ」と脅し、「人口減っていくんだから、全国一律のサービスは出来ないよ。」
というのが、基本姿勢。

平成の大合併で農村部が疲弊し、苦しんでいるのに、その失敗にはほおかむりしながら、です。

「地方創生」は、まあアベノミクスで、地方が上手く行ってないから出てきた政策でもあるんですが、今ある地方の農家や中小業者や商店街を応援するのではなく、規制緩和で新しくもうけられる人たちのものです。

例として上がっていたのは、新潟市や兵庫県養父市のオリックスの農業参入。東京圏や関西での医療と都市開発(まさに神戸の三宮巨大開発と医療産業都市)、労働規制(大阪市の橋下さんが狙っていたブラック企業特区とか?)

同時に、それぞれの町が自主性を発揮して、基本的人権とか言われたらかなわないわけです。

その中で、自治体をさらに住民から遠ざけるのが、道州制です。

辺野古を例にするまでもなく、国の防衛(軍事)政策に地方が刃向かう自治体は邪魔です。

地方自治体の役割は、住民の幸福向上のために動かざるを得ません(変な言い方ですが)。一部でもその要望に応えないと首長も選挙で負けるでしょう。

それが国には邪魔です。

オスプレイ来るのはイヤ、米兵の犯罪もイヤ、騒音もイヤ、国にしてみれば「ワガママ言うな。安全保障はトータルの視点で考えさせろ。」となってるわけです。

安倍さん、人の話聞かないし、反対意見潰す、まさにそれが仕組みとしてつくられてきています。

戦前も地方自治体は、国の言いなりで、港の管理権限もありませんでした。
まさに、「日本を取り戻す」と言いながら、「戦前を取り戻」そうとしているわけです。

そういう視点から辺野古の問題を考えると、住民自治に大切さと可能性がみえる気がします。
知事がたんなるいい人ってことではありません。苦難の経験を通して沖縄県民が変わり、知事の認識も変わって今があるのです。

大阪都構想反対の結果もまた大切。地域の声聞かないで、合区しても本当の改革は出来ません。
生活者目線が必要です。

2015年7月 9日 (木)


  本日は、住吉の近くの海運堂というところをお借りして、住吉幼稚園のお母さんや閉園問題に

おかしいと声をあげている方たちとお話ししました。

 きだ県会議員、松本市議、赤田市議とともに。

 今、東灘区では、住吉宮町にある住吉・遊喜幼稚園の2か所が、そして全市的には

9か所の市立幼稚園の閉園が計画されています。

 父母やそこの園長先生まで、知らない中で、一方的に再来年の4月、そして園によっては来年の4月から募集を停止をする方針で動いたのです。

 すでに住吉と遊喜の閉園に反対する署名は、新聞発表から2週間程度で2000を超えて、明日、教育委員会に届けられるようです。

 神戸市の発想は、「これから子どもの数も減る。市立を無くしても、周りに私立の幼稚園があるのだから、そこに預けたらいいじゃないか。バスも運行してますよ。」

というものです。

 お母さんらからは、

「経験豊富な先生など市立の幼稚園のよさがある。」

「どうしても私立は障がいを抱えた子どもの入園に及び腰、その中で、この幼稚園は、いろんな子どもとともに成長できる場になっている。」 

「私立に入れる親はそこの教育方針(英語とか楽器とか)を選びながら入れているのに、逆に、もっと別のことでのびのび子ども育てたい、という思いにこたえてくれないの?」

「地域とのつながりが出来てきた。子どもたちが一緒に行事に加わったおじちゃんなどを教えてくれた。この絆を無くしてしまいます。」

「小学校の校区以外に行けば、父母も子どもも関係が一度断ち切れる。」

など本当にいろんな思いを聞かせてくれました。

  一番、私自身が心が苦しくなったのは、「まだ子どもには伝えていないんです。」と

いう話でした。 

「今、木を植えていて、卒園後も、この木の成長を楽しみにしてい

ます。そんな時に、あなたの通っている幼稚園が無くなるかもしれない、なんて言え

ない。」という話でした。 

 その後、文教こども委員会の赤田議員と住吉幼稚園をお訪ねしました。 

 これまでも外からも見えていたんですが、中に入ったら本当に広かったです。 

一部は、森みたいになっていて、レモンの木もさくらんぼの木も、菜園も、カメも小鳥

もなんでもいて(笑)、そこでできた食べ物を幼稚園で、その日は、お味噌汁にして食べていたようです。

 私の子どもが通ってる保育園は、すごく好きな保育園なんですが、100人程度にしては、園庭がとても狭くて、ここの子どもが50数名ということですが、面積は8倍はありそうでした。 

 すごくうらやましくなりました。 

 とくに、一人一人の子どもの鉢植えがでかくて、なすやキュウリ、プチトマトが出来てました。 うちは、残念ながら、そのスペースはとれないなあ。

 こういった環境を神戸市は、贅沢と考えているのでしょうか。

 閉園した後は、土地が売られ、大きなマンションになるんでしょうか。 

そんなことを考えながら、神戸市の対応に対して、改めて腹が立ってきました。 

 教育の質を下げさせたくありません。

 

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »