«  『リアルに戦争法案の問題を語りたい』 | トップページ | »

2015年7月 9日 (木)


  本日は、住吉の近くの海運堂というところをお借りして、住吉幼稚園のお母さんや閉園問題に

おかしいと声をあげている方たちとお話ししました。

 きだ県会議員、松本市議、赤田市議とともに。

 今、東灘区では、住吉宮町にある住吉・遊喜幼稚園の2か所が、そして全市的には

9か所の市立幼稚園の閉園が計画されています。

 父母やそこの園長先生まで、知らない中で、一方的に再来年の4月、そして園によっては来年の4月から募集を停止をする方針で動いたのです。

 すでに住吉と遊喜の閉園に反対する署名は、新聞発表から2週間程度で2000を超えて、明日、教育委員会に届けられるようです。

 神戸市の発想は、「これから子どもの数も減る。市立を無くしても、周りに私立の幼稚園があるのだから、そこに預けたらいいじゃないか。バスも運行してますよ。」

というものです。

 お母さんらからは、

「経験豊富な先生など市立の幼稚園のよさがある。」

「どうしても私立は障がいを抱えた子どもの入園に及び腰、その中で、この幼稚園は、いろんな子どもとともに成長できる場になっている。」 

「私立に入れる親はそこの教育方針(英語とか楽器とか)を選びながら入れているのに、逆に、もっと別のことでのびのび子ども育てたい、という思いにこたえてくれないの?」

「地域とのつながりが出来てきた。子どもたちが一緒に行事に加わったおじちゃんなどを教えてくれた。この絆を無くしてしまいます。」

「小学校の校区以外に行けば、父母も子どもも関係が一度断ち切れる。」

など本当にいろんな思いを聞かせてくれました。

  一番、私自身が心が苦しくなったのは、「まだ子どもには伝えていないんです。」と

いう話でした。 

「今、木を植えていて、卒園後も、この木の成長を楽しみにしてい

ます。そんな時に、あなたの通っている幼稚園が無くなるかもしれない、なんて言え

ない。」という話でした。 

 その後、文教こども委員会の赤田議員と住吉幼稚園をお訪ねしました。 

 これまでも外からも見えていたんですが、中に入ったら本当に広かったです。 

一部は、森みたいになっていて、レモンの木もさくらんぼの木も、菜園も、カメも小鳥

もなんでもいて(笑)、そこでできた食べ物を幼稚園で、その日は、お味噌汁にして食べていたようです。

 私の子どもが通ってる保育園は、すごく好きな保育園なんですが、100人程度にしては、園庭がとても狭くて、ここの子どもが50数名ということですが、面積は8倍はありそうでした。 

 すごくうらやましくなりました。 

 とくに、一人一人の子どもの鉢植えがでかくて、なすやキュウリ、プチトマトが出来てました。 うちは、残念ながら、そのスペースはとれないなあ。

 こういった環境を神戸市は、贅沢と考えているのでしょうか。

 閉園した後は、土地が売られ、大きなマンションになるんでしょうか。 

そんなことを考えながら、神戸市の対応に対して、改めて腹が立ってきました。 

 教育の質を下げさせたくありません。

 

«  『リアルに戦争法案の問題を語りたい』 | トップページ | »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243825/60681361

この記事へのトラックバック一覧です: :

«  『リアルに戦争法案の問題を語りたい』 | トップページ | »