旅行・地域

2010年11月15日 (月)

湖東三山 後援会

「湖東」というのは、琵琶湖の東のことですが、現在、東灘の共産党後援会のバスツアーに参加しています。

まず、天台宗 金剛輪寺の地血染めの紅葉 を見ました。
非常に紅葉が綺麗で、もみじを子どものお土産にとってきました。

こういう機会でもないと出かけることもないので、貴重です。

湖東三山 後援会

「湖東」というのは、琵琶湖の東のことですが、現在、東灘の共産党後援会のバスツアーに参加しています。

まず、天台宗 金剛輪寺の地血染めの紅葉 を見ました。
非常に紅葉が綺麗で、もみじを子どものお土産にとってきました。

こういう機会でもないと出かけることもないので、貴重です。

2010年4月20日 (火)

後援会 加西市バス旅行

 本日は、東灘区後援会のバス旅行に参加しました。 大型バスを借りて40名ほどの参加でしたが、初めてお会いした人も何人もいらっしゃいました。

 観光先は、①フラワーセンター ②五百羅漢 ③法華山一乗寺 となっていました。

 まず、朝8時ごろに住吉神社前でバスに乗り込み、移動。 二時間ほどで、フラワーセンターへ。 *フラワーセンターhttp://www.flower-center.pref.hyogo.jp/

 Photo                       

 今の季節は、チューリップまつりを行っていたようで、広い空間に見渡す限りのチューリップでした。

 ここでは、みなさんとお花を並んで写真を撮るカメラマンとしてがんばりました。

 

Photo_2  こちらは、ランです。 この他、大・中・小の食用植物があったのが興味深かったです。http://www.flower-center.pref.hyogo.jp/onsitu/onsitu.htm#熱帯植物室

でスライドでいろんな植物が見れます。

Photo_3

いこいの村というところで食事をした後は、五百羅漢というのを見に行きました。 とにかく大量の石仏がありました。

必ずその中には、親や子に似た顔があるとのことでしたが、私が「似ている」と苦笑されたのは、物思いにふけった姿勢の悪い仏でした。

 「否定はできんなあ~。」と思いました。 

 この羅漢たちは、いつ・誰がつくったのかわからないとのこと。 う~ん、ミステリーですなあ。

*五百羅漢 http://www.city.kasai.hyogo.jp/02kank/kanko/16rakan.htm

羅漢とは、「仏」とのこと。 

 その後、近接する住吉神社・酒見寺に行きました。 天皇の勅を受け、雨乞いを行った由緒正しい「勅使塚」というのがありました。鎖で囲まれていました。

 「でも、うちの子どもが来たら、たぶん築山(つきやま)と間違って登っちゃうなあ。」とまた余計なことを考えてしまいました。

 あと、全体的にジャリで押し車で動く高齢者が通りづらそうだったので、他の人が「ガイドさん、バリアフリーお願いします。」と言っていました。 宗教的な色彩と開かれた環境。議論が尽きないテーマです。

Photo_5 次は、一乗寺というお寺。何よりの印象は、階段の多さ。

 平均年齢70歳ともなる一行が登るのは、かなりの苦行だったようです。

*一乗寺http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E4%B9%97%E5%AF%BA 

Photo_8

  景色はやっぱり綺麗。

 それにしてもボランティアの説明の方はみな熱心でした。

 「行政は、観光客へのキャンペーンは実施するが、人は付けてくれない。」との意見もあったので、とりあえず、名刺を渡しごあいさつしておきました。 

Photo_6

 最後の写真は、神戸名物「コーベアー」(言うのも恥かしいですが「神戸」と「ベアー(熊)」をかけてます)のストラップとアイス。 

 今日は、雨の予報でしたが、なんとか天候はもち、少し熱い時もありました。

追伸:今日は、カメラマンとともにバスの中では、「お茶汲みボーイ」にもなりました。こういう下っ端の方が向いているかな。 と思った今日という日でした。

 

その他のカテゴリー